賃貸物件を効率的に探す方法について

まずは理想を描くのが早道!

賃貸物件を探す上で、あなたにとって譲れない条件は何ですか。これがすぐに挙げられない状態から賃貸物件を探しても非常に非効率的です。なぜなら、住みたい物件についての優先順位が定まっていないからです。まずは採算を意識しすぎずに理想の生活を思い描いてみてください。具体的に思い描くためにいくつかの賃貸物件情報を見てみるのはよいと思います。 こんな暮らしがしたいというイメージや印象がいいなと思う物件を見つけることができたら、そこから条件を選び取っていけばあなたにとって優先度の高い条件が自然と見つかっていきます。 条件が明確になったら、賃貸物件を紹介している大手事業者のWebサイトで条件を設定して検索して物件の費用の相場を把握していきましょう。また、一部の条件を外すと物件数がどれぐらい増えるのか、予算が下がるのかも併せて把握していくことで物件選びの条件における優先順位を費用の観点から見直せます。

仲介業者は複数回りましょう

気になる物件が出てきたら、まずはWebサイトから内覧の問い合わせを行い、内覧をしてみましょう。内覧の際には、部屋の間取りについて実際窮屈に感じないか、家電の置き場所はどこにするかといった部屋のチェックが重要です。事前に既にお持ちの家電があれば寸法を測定しておいて、内覧する物件の置き場所に置くことができるかどうかその場で確認しておくといいです。 そして、物件の内覧と同じくらい重要なことは、物件を案内してくれる仲介業者の説明ぶり、態度です。Webサイトで物件情報を掲載している業者は自社管理に限らず掲載します。それ自体は必ずしも問題とは言えないのですが、中には詳しく物件について知らずに説明をされてしまうと、消費者側では判断しづらいためです。 これを見抜くには、複数の業者を回ることが重要です。特に地域密着型の業者の店舗を複数回れば悪質な業者に捕まることはまずないかと思います。